社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入により、平成 28 年1月1日以後に相続などにより財産を取得した人が、相続税の申告書を提出する場合には、申告書にマイナンバー(個人番号)を記載する必要があります。

※被相続人のマイナンバーの記載は不要です