相続財産が基礎控除額を超えている方は相続税の申告が必要です

基礎控除額とは?

相続税の基礎控除額とは、ここまでは相続税がかからないという非課税枠をいいます。
この非課税枠内であれば、相続税の申告の必要はありません。
基礎控除額の求め方は下記の計算式で算出されます。
基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)です。

たとえば相続人が3人いる場合の基礎控除額は、
3,000万円+(600万円×3人)=4,800万円 となります。
つまり、相続財産が4,800万円を超えなければ相続税の申告の必要はないということになります。

相続財産とは?

ここでいう相続財産とは、すべての相続財産からすべての債務を差し引いた正味の相続財産をいいます。
主な相続財産は下記のとおりです。

土地
田、畑、宅地、山林、原野、牧場、池沼、鉱泉地、雑種地
建物
戸建、マンション、アパート、倉庫、車庫 等
事業用財産
個人事業者の場合、機械等の減価償却資産や、商品等の棚卸資産、売掛金、未収金、その他の財産が含まれます
有価証券
自社株式、出資金、上場株式、非上場株式、公社債、投資信託、貸付信託の受益証券等
現預金
現金、普通預金、定期預金、預貯金等
みなし相続財産
生命保険金、退職手当金等
その他の財産
家庭用財産、書画、骨董品、宝石、立木、車等
債務等
借入金、未払金、葬式費用等